ここから本文です

凱旋門賞に出走したヴェデヴァニがネットオークションで落札される

netkeiba.com 10/10(月) 10:00配信

 2日に行われたG1凱旋門賞に出走したヴェデヴァニ(牡3、父ドゥバウィ)が、フランスの競走馬セール主催社「アルカナ」が催すネットオークションに上場され、80万ユーロ、日本円にしておよそ9360万円という、同社ネットオークション史上の最高値で購買されたことが明らかになった。

 アガ・カーン殿下の自家生産馬で、G2シェーネ賞(芝1600m)2着など、重賞入着実績が3度あるのがヴェデヴァニだ。同馬は当初、1日にシャンティーで行われた現役馬市場の「アークセール」に上場予定だったが、2日に行われた凱旋門賞で、同じアガ・カーン殿下が所有するハーザンド(牡3)のペースメーカー役を務めることになり、同セールへの上場を取り消していた。

 G1サンタラリ賞(芝2000m)勝ち馬ヴァダウィーナの6番仔という良血馬ヴェデヴァニの購買を目指して、欧米はもとより、中東、豪州から、25組の馬主が購買者として登録。設定されていた24時間というタイムフレームの中で47回のビッドの応酬があった末、カタール人馬主のハリファ・アル・クワリ氏の代理人であるシャンティー・ブラッドストック社が落札に成功した。

 同馬は今後、新たな馬主の祖国に移籍し、12月にドーハで行われるカタールダービー(芝2000m)を目指す予定だ。

(文:合田直弘)

最終更新:10/10(月) 10:00

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]