ここから本文です

スバル初の市販ハイブリッド、米国導入中止へ…インプレッサXV

レスポンス 10/10(月) 4:45配信

スバル(富士重工)が2013年秋、米国市場に投入した『インプレッサXVハイブリッド』(現地名:『XV クロストレック ハイブリッド』)。同車が米国市場において、2016年モデルを最後に、導入を中止することが分かった。

画像:スバル XV クロストレック ハイブリッド

インプレッサXVハイブリッドは2013年3月、米国ニューヨークモーターショー13で初公開。『インプレッサスポーツ』ベースのクロスオーバー車、『インプレッサXV』に、ハイブリッドパワートレインを搭載したモデルで、スバル初の市販ハイブリッド車だった。

ハイブリッドシステムは、2.0リットル水平対向4気筒ガソリンエンジンに、モーターの組み合わせ。このエンジンは、徹底的なフリクション低減などに取り組んだハイブリッド車専用ユニット。モーターは最大出力13ps、最大トルク6.6kgmを引き出す。二次電池は、ニッケル水素バッテリー。トランスミッションはリニアトロニックと呼ばれるCVTで、モーターはトランスミッションケース内部にレイアウトした。

スバルの米国法人、スバルオブアメリカは9月下旬、インプレッサXVの2017年モデルのラインナップと価格を発表。2017年モデルからハイブリッドが消え、ガソリン車だけになることが判明した。

スバルオブアメリカは、導入中止の理由を公表していない。ハイブリッドの販売不振が理由と見られる。現在、米国新車市場はガソリン価格の下落で、乗用車よりも燃費の悪いSUVやピックアップトラックが人気。インプレッサXVハイブリッドにとっては、逆風になったようだ。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/10(月) 4:45

レスポンス

なぜ今? 首相主導の働き方改革