ここから本文です

ピース綾部、活動拠点をNYへ「スターになりたい」 日本での活動は休止

リアルライブ 10/10(月) 14:40配信

 ピースの綾部祐二が8日、東京都内で緊急会見を開き、来年4月より日本からアメリカ・ニューヨークへ拠点を移し、現地で芸能活動を行っていくことを発表した。綾部は「日本での活動は3月いっぱいでお休みさせてもらいます」と語るもピースについては「解散はしません」ときっぱり。「会社(吉本興業)も辞めません。先生(又吉直樹)の了承ももらい済みです。ビッグになるまで日本には帰ってこないつもりでいます」と晴れ晴れとした表情で述べた。

 「デビューした時から言っていたんですけど、アメリカで勝負したいという夢が捨てきれず、4月からニューヨークに拠点を置いてそちらで活動したいと思いました。」と綾部。向こうでの生活のために現在英語を猛特訓中だといい、「Aの単語から初めて今Cのところまで来ています。文法とかはまだわかりません。ニューヨークで実際に生活して英語を身につけようって思っています。学校に通うかも決めていません」と説明。

 「向こうにはとりあえずコメディアンでいきます。最終目標はハリウッドでレッドカーペットを歩くのが夢」と今後の目標についても述べ、「向こうでどういう仕事できるかはわかりませんから、本当にコメディアンでいくのか役者をやるのかは向こうで決めます。2、3年は勉強し、3年後くらいから実質スタートできればいいかなというプランです。ハリウッドでフラッシュを浴びたいんです」としみじみ。

 計画は又吉の芥川賞受賞以前から考えていたことだというが、「先生の受賞からスピードが速まったというのはあります」とコメント。「コンビでも格差ができまして、格差を感じたところの話じゃなかったので…自分もこのままでいいのかということで、自分も何かやってやろうって」と吉本興業の社長に直訴したといい、「社長に『お笑い界の野茂英雄になりたい』と言ったら爆笑されまして、『やったらええわ』と。でも、2年、3年と言っていますけど、半年、1年で日本に帰って来ることもあるかもしれません。その時はまた土下座会見します」とニヤニヤ。

 熟女好きとしても知られるが、「アメリカに行ってまで熟女を追いかけるかはわかりません」と述べ、「(綾部と熱愛の噂のあった)おかみさん(藤田紀子)には言って行くんですか?」と問われると、「まだ言います? それロンドンオリンピックの頃の話しですよ」と戸惑いつつ「おかみさんと向こうに行って夢を追いかけるということはないです」とぴしゃり。「今は結婚というより、大見栄きっていくわけですから…」と恋は当分封印するようす。

 ハリウッドを目標にするということで改めて「僕は渡辺謙さんを尊敬しています」とも発言。「すごい方だなって。とんでもなくすごい方。いつか共演とかできたら嬉しいですね。トム・クルーズとかブラッド・ピットにも憧れています。来日した時にトムの5メートル後ろでレッドカーペットを歩く機会があったんですけど、呼ばれている気がしたんです。『5メートル後ろでいいのか』って。『横に並べよ』って」と綾部。

 「もともとどっかニューヨーカーの血が入っているんじゃないかなって気はしていたんです。とにかくどんな役でもいいからレッドカーペットを歩くが目標。スターになりたいということなんです。光を浴びたいということ。スターになったと実感がわいた時に帰ってきます」と宣言すると「とりあえずネバーギブアップとだけ言っておきます。自分の夢を追いかけたいと思いますので応援よろしくお願いします」と笑顔を見せていた。

(取材・文:名鹿祥史)

最終更新:10/11(火) 4:15

リアルライブ