ここから本文です

ロズベルグ「伝説的なサーキットで勝てて素晴らしい気分」

TopNews 10/10(月) 6:26配信

メルセデスAMGのニコ・ロズベルグが、鈴鹿サーキットで行われたF1日本GP決勝を終えて次のようにコメントした。

●【全セクター速度】バトン、4位/F1日本GP決勝レース

■ニコ・ロズベルグ「チームタイトル3連覇を祝いたい」
決勝/優勝

「なんて素晴らしい週末だろう! 金曜日にグリーンライトが点灯してすぐに最高の気分になれていた。フリー走行ではいいリズムに乗れていたし、予選でも強さを発揮できた。そして決勝でもいいスタートを決め、先頭でペースをコントロールすることができていたよ」

「僕はエンジンを少しいたわる必要があった。このエンジンを使うレースはこれが最後だったからね。だけど常に十分なギャップを築くことができていた。僕は日本で勝つためにここへ来て、それを達成することができた。これは本当に特別な気分だよ。この伝説的なサーキットで勝てて素晴らしい気分だ」

「日本に来ている仲間たち、そしてブラックリーとブリックスワースにいる仲間たち、そして何十万人ものダイムラーの社員たちに対しておめでとうと言いたい。3回目のコンストラクターズタイトルを獲得できたんだからね。これを可能としてくれたみんな、そしてパートナーのみなさん一人ひとりにも心からお礼を言いたい。彼らは本当に最高だよ! これまで何年にもわたって信じられないほどの努力をつぎこんでくれたわけだし、彼らはこの栄光に本当に値するよ。だから大いに祝おう!」

「僕自身も少しお祝いはするよ。でも、やり過ぎない程度にね。シーズンはまだ終わっていないし、これからも数レースを行うために世界を回ることになる。だからまだエネルギーを蓄えておかないとね!」

「今週末集まってくれたみんなにも本当にありがとうと言いたい。ここのファンはいつも特別な雰囲気を創り出してくれるし、彼らのおかげで素晴らしいショーになるんだ。アリガトウ!」

「これから残りの4レースに集中する必要がある。次にアメリカに行くのを楽しみにしているよ。またそこで会おう!」

最終更新:10/10(月) 6:42

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]