ここから本文です

プロ転向の畑岡奈紗、一問一答「米女子ツアー優勝 5年以内にメジャーを」

ゴルフ情報ALBA.Net 10/10(月) 15:54配信

「日本女子オープン」を17歳263日の史上最年少で制し、初のアマチュアメジャー覇者となった畑岡奈紗が10日(月)に都内で記者会見を開き、プロ転向を発表した。会見冒頭で両親と共に壇上に立った畑岡は「本日はお忙しい中お集まりいただきありがとうございます。今日という日を迎えられたのも皆様のおかげです。今日からプロゴルファーとして活動させていただきます畑岡奈紗です。よろしくお願いいたします」とあいさつ。意気込みをしたためた色紙には初志貫徹と記した。以下、会見の内容。

両親と優勝カップを掲げる畑岡奈紗 これからはプロとして歩みだす

・今の気持ちは
今日からプロとして活動させていただくので、ここからがスタートだという気持ちで頑張りたいです。

・いつプロ転向を決めたか
日本女子オープンが終わって、家族で話し合いをしていくうちに、プロとしてこれからやっていきたいと思うようになりました。ずっとプロになるのが夢だったので、優勝してプロになれるのはうれしいことだと思って。これから活躍していきたいと思った。

・日本女子オープンを振り返って
日本女子オープンに出るのが初めてだったので、始まる前は緊張していて、どういう風なゴルフになるかと思っていた。でも、実際にやって自分のプレーが少しずつできるようになってきたのかなと思いました。

・アマチュア時代の一番の思い出は
一番は決めにくいですけど、いろいろな国に行って試合をたくさんさせてもらったことですね。(やり残したことは)世界アマで優勝できなかったことです。(ジュニア時代も)最初から勝てたわけじゃなくてたくさん負けたことがあったので、経験をたくさんつめた。高校1年生の時の日本ジュニアでは悔しい思いをしたし、世界では高校2年、3年と世界ジュニアで勝てたり。全米アマに出られたことだったり、最近は世界アマがすごく印象的です。

・どんなプロになっていきたいか
世界に出て行って、たくさん優勝できるようなプロになりたいです。(お手本は)宮里藍プロ。プレーしている時も調子が良くても悪くてもいつも笑顔でプレーされていて、プレー以外でも周りの方への気遣いもすごいなと思います。

・将来の夢は
東京オリンピックで金メダルを獲ることと、世界のメジャータイトルを獲ることです。

・なんと呼んでほしい?
みなさんから呼んでいただけたらなんでも大丈夫。(サインは)誰が書いたのかわかってもらえるサインを書きたい。イメージないけど誰のサインかわかることが大事だと思う。

・いつから世界で戦いたいと思っていたのか
中学の時からいろいろな国で試合をやらせていただいていたけど、アメリカでやりたいと明確なったのは4月のUSLPGAツアー(スインギング・スカートLPGAクラシック)に参戦した時です。(アメリカでの戦いは)最初は慣れるのが大変かもしれないけど、夢が世界で勝つことなのでどんどん慣れていかないといけない。

・日本ツアーでのプロデビューは
今のところはまだ決まっていません。

・自身の持ち味は何だと思う?
持ち味は身長は大きくないけど、周りの選手と比べて飛距離が出ること。プロになってからも勝ちにこだわって、応援してくださる方々への感謝の気持ちを忘れずにプレーしたい。(足りない面は?)世界で戦うためには飛距離も足りないと思いますし、一番はショートゲーム、アプローチのバリエーションをもっと増やしていけたらいい。パッティングの技術もまだまだ足りないと思います。一つのクラブでたくさんいろんな種類のボールを打つこと。ウェッジだけじゃなくてアイアンやUTでも打てるようにならなければいけないと思うので、そういう練習もしていきたい。

・プロになって直近の目標は
まずは今年のQTを上位で通過して、2年以内にUSLPGAツアーで優勝。5年以内にはメジャーで勝てるようになりたいです。

・ライバルはいますか?
ライバルはたくさんいますけど、試合になったら自分が一番のライバルなんじゃないかなと思います。

(撮影:ALBA)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:10/10(月) 15:54

ゴルフ情報ALBA.Net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]