ここから本文です

コパノリッキーがレコードV! GI・3連勝で8勝目!/マイルCS南部杯・盛岡

netkeiba.com 10/10(月) 16:45配信

 10日、盛岡競馬場で行われた第29回マイルチャンピオンシップ南部杯(GI・3歳上・ダ1600m・1着賞金4500万円)は、3番手でレースを進めた田辺裕信騎手騎乗の1番人気コパノリッキー(牡6、栗東・村山明厩舎)が、直線で前を交わして抜け出し、本レース3連覇を狙った2番人気ベストウォーリア(牡6、栗東・石坂正厩舎)に1.3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分33秒5(稍重、レコード)。

 さらに3馬身差の3着に4番人気ホッコータルマエ(牡7、栗東・西浦勝一厩舎)が入った。なお、3番人気アスカノロマン(牡5、栗東・川村禎彦厩舎)はホッコータルマエから1.1/2馬身差の4着に終わった。

 勝ったコパノリッキーは、父ゴールドアリュール、母コパノニキータ、その父ティンバーカントリーという血統。春のかしわ記念、帝王賞に続くGI・3連勝を決めた。GIタイトルはこれで8つ目。

【勝ち馬プロフィール】
◆コパノリッキー(牡6)
騎手:田辺裕信
厩舎:栗東・村山明
父:ゴールドアリュール
母:コパノニキータ
母父:ティンバーカントリー
馬主:小林祥晃
生産者:ヤナガワ牧場
通算成績:24戦13勝(重賞10勝)
主な勝ち鞍:2014年フェブラリーS(GI)

【田辺裕信騎手のコメント】
 ユタカさんが(同日の京都大賞典出走の)キタサンブラックと被るということで、コパさん(小林祥晃氏)から声をかけていただいてから今日が待ち遠しかったです。2年ぶりにこの馬に乗りましたが、成長していて折り合い面の苦労はなく、いつでも追い出せる感じでした。結果を出せて良かったです。

最終更新:10/10(月) 17:21

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。