ここから本文です

アベノミクス 自民・民進、政調会長の見方は

エコノミックニュース 10/10(月) 6:49配信

 自由民主党の茂木敏充政務調査会長は9日のNHK番組で、アベノミクスについて「様々明るい要素は見えてきている」とした。

 茂木政調会長は「特に経済が大きくなっているか、企業が儲かっているか、仕事が増えているか、雇用情勢が改善しているかなど」をあげ「自民党が政権について3年半でGDPは33兆円増え、500兆円台を回復。企業収益も昨年68兆2000億円と史上最高を更新。雇用も有効求人倍率は1.37と、この25年で最も高い。すべての都道府県で史上初めて『1』を超えた」とアベノミクスによる成果だとした。

 一方で、こうした明るい要素とは別に「消費が弱い、潜在成長率が伸びていない、世界的な経済リスクが生まれている」ことをあげ、さらに、アベノミクスを進めていく必要を提起した。

 一方、民進党の大串博志政務調査会長は「アベノミクスは国民に豊かさを届けていない」と断じた。大串政調会長は「民主党政権での年間成長率は平均1.7%だったが、安倍政権での3年9カ月では0.8%しか成長していない。企業収益も過去最高と言われながら、ほとんどは企業の内部留保になり、3年間で80兆円も内部留保が積み増しされ、国民に届いていない(社会還元されていない)。雇用でも170万人弱が非正規雇用で増えているだけで、正規は40万人弱減っている」とし「アベノミクスは政策転換すべき」とした。

 茂木政調会長は「成長市場を国内につくっていくことが大事だ」と企業収益が海外投資に回る要因が国内市場の状況にあるとして、需要創出努力の必要を強調した。そのうえで「第2次補正予算でGDP1.3%の押し上げ効果がある。インフラでも21世紀型のインフラをつくっていきたい」とした。(編集担当:森高龍二)

Economic News

最終更新:10/10(月) 6:49

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。