ここから本文です

浦和3年ぶり決勝進出 興梠プロ初のハットトリック

デイリースポーツ 10/10(月) 6:04配信

 「YBCルヴァン杯・準決勝第2戦、浦和3-1FC東京」(9日、埼玉スタジアム2002)

 J1浦和が3年ぶり、G大阪が3年連続となる決勝進出を果たした。13年ぶりの優勝を狙う浦和はFW興梠慎三(30)のプロ初となるハットトリックでFC東京を3-1で下し2連勝、2戦合計5-2で制した。一昨年覇者のG大阪はMF遠藤保仁(36)の同点ゴールで横浜Mと1-1で引き分け、2戦合計1-1、アウェーゴール数の差で上回った。決勝は15日、埼玉スタジアムで行われる。

 ゴールネットを三度揺らしたのは初めてだった。FW興梠は前半24分に幸先良く先制点を決めると、同38分にはMF駒井の右クロスに滑り込みながら左足を合わせ、最後は後半8分にPKを沈めた。

 05年のプロ入り以降J198得点、リーグ杯14得点の計112得点を積み重ねてきたが、意外にもプロ初のハットトリックだった。ストライカーとして「1試合で3点取るより3試合で1点ずつ取った方がすごい気がする」が持論ながら、「サッカー人生で一度は経験したかった」と柔和な笑みを浮かべた。

 6月25日の神戸戦でも2得点を決めていたが、同日に第2子が誕生していた梅崎にPKを譲っていた。この日は主にキッカーを務めていたMF阿部が出場しなかったこともあり「自分しかいないかな」と自ら名乗り出た。

 3年ぶりの決勝進出を果たした。13年ぶりのタイトルを争う相手はG大阪で、舞台はホーム埼玉スタジアム。1日のリーグ戦では4-0と圧勝している。興梠は「決勝となると状況は違う」と表情を引き締める一方で、チームは公式戦8連勝とあって「負ける気はしない」と強気に話した。3冠を見据える浦和が、今季最初の栄冠に手をかけた。

最終更新:10/10(月) 7:35

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。