ここから本文です

道端アンジェリカ 骨折で入院中も外出許可得てイベント登場

東スポWeb 10/10(月) 17:37配信

 モデル・道端アンジェリカ(30)が10日、東京・六本木ヒルズで行われたバリアフリーファッションショー「バリコレ」(NHK主催)に出席した。

 アンジェリカは9月16日、雨で滑って転倒し右足首を脱臼・骨折した。救急車で運ばれて手術したが、全治2か月の重傷で入院中。この日は特別に外出許可をもらい、松葉づえをついて登場した。

 現状を「まだ手術が終わって2週間ちょっと。痛みがあって体重もかけられない状態。退院時期はまだわからない」と説明。笑顔を浮かべ「参加してよかった」と話しながらも、痛々しい姿からかなりの重傷であることは明らか。一刻も早い完治を祈りたい。

 また、番組パーソナリティーの山本シュウ(52)は「大阪で行ったら反響があり、東京でも開くことができた。夢がまた一つかなった」と感慨深げ。「洋服店に『障がい者には無料で丈をアレンジします』という一文を掲げてほしい。無意識の差別意識があるのでは」と持論を述べた。

 イベントにはおネエタレントのはるな愛(本名・大西賢示=44)、モデルのアンミカ(44)も出席。ショーの模様は11月6、13日午後7時から、同局の障がい者情報バラエティー「バリバラ」(Eテレ)で放送される。

最終更新:10/10(月) 17:37

東スポWeb