ここから本文です

原口元気「(フィジカルの強い豪州相手でも)何の違和感もなくやれる」/日本代表

ISM 10/10(月) 17:11配信

 日本代表は11日、2018年W杯アジア最終予選でオーストラリアと対戦する。以下は、9日のFW原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)のコメント。

●原口元気コメント

Q:ドイツに行って対人プレーの強さを身につけたが、フィジカルの強いオーストラリアに自分がどれだけできるかという点では?
「ヨーロッパのチームに近いので、普段やっている感じに近いと思う。何の違和感もなくやれると思うけど、最終予選ということで向こうの激しさがより一層強くなったり、際どい勝負になるかなという想像はつきます」

Q:オーストラリアが以前と異なり、つなぐチームになってきているが?
「僕はまだやったことがないので。初めてオーストラリアとやるので、この印象しかないので、変わったとかはわからない。つないでくるチームはヨーロッパにもたくさんあるので、何の違和感もないかなと思います」

Q:オーストラリア相手に、強さや激しさを出していきたい?
「前の2試合でもそれは出ていたと思う。よりフィジカル的に強い相手なので、逃げたら弾かれる。自分から当たっていって、自分から取りにいくことで相手にプレッシャーがかかるので。そこで見ちゃったり、一瞬迷うと弾かれるけど、そういう部分は向こうで慣れているからイメージはしやすい」

Q:浦和でチームメートだったスピラノビッチがレギュラーを取っているが?
「あいつも成長したと思う。長いこと見ていないからわかりませんが、浦和にいたときからポテンシャルはすごく高かった選手なので、久しぶりに会えるのが楽しみです」

最終更新:10/10(月) 17:11

ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合