ここから本文です

アウディ5車種、米国でリコール…サイドマーカーが点灯しない

レスポンス 10/10(月) 23:00配信

ドイツの高級車メーカー、アウディの主力車種、『A4』、『A3』、『Q3』、『Q7』、『TT』。これら5モデルが米国市場において、リコール(回収・無償修理)を実施する。

[写真:アウディ Q3]

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。アウディの属するフォルクスワーゲングループの米国法人から、アウディ5車種に関するリコールの届け出を受けた、と公表している。

今回のリコールは、灯火類の不具合が原因。NHTSAによると、米国の法規で義務づけられているサイドマーカーが、点灯しない不具合があるという。

リコールの対象となるのは、A4、A3、Q3、Q7、TT の2015‐2017年モデル。米国で販売された7万9895台が、リコールに該当する。

アウディは、対象車を保有する顧客に通知。販売店で、ソフトウェアを更新するリコール作業を行うとしている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/10(月) 23:00

レスポンス

なぜ今? 首相主導の働き方改革