ここから本文です

【毎日王冠】ルージュバック完勝 牡馬蹴散らし23年ぶり牝馬V

デイリースポーツ 10/10(月) 6:05配信

 「毎日王冠・G2」(9日、東京)

 後方を追走した1番人気のルージュバックが、直線でアンビシャスとの息詰まるマッチレースを首差抑え、前走のエプソムCに続く連勝で3つ目のタイトルを奪取。天皇賞・秋(30日・東京)の優先出走権をゲットした。牝馬が毎日王冠を制したのは93年シンコウラブリイ以来、23年ぶりとなった。

 4カ月ぶりも問題なかった。紅一点のルージュバックが牡馬勢を蹴散らし、見事に重賞2連勝を決めた。

 雨上がりのターフを予想通りマイネルミラノが逃げる展開。道中は後方2番手で末脚を温存。前半の5F通過が60秒3という落ち着いた流れにも動じることはなかった。「位置取りは気にしていなかった。この馬に合っている競馬をしようと思っていたし、末脚を信じて乗りました」と戸崎圭は振り返る。

 直線で馬場のいい外めに持ち出すと、ひとつ前に位置していたアンビシャスと一緒にスパート。内でもがく先行勢をひとまとめにかわし去ると、ラスト200メートル過ぎからはマッチレース。しかし一度も相手を前に出すことなく首差振り切った。着差以上の完勝劇に、「この馬のいいところを引き出せましたね」と主戦は胸を張った。

 秋初戦。調整過程は万全ではなかった。最終追い切りでも反応の鈍さが明らかだった。「休み明けだったし、大事に、とだけ言って送り出した」と大竹師は打ち明ける。「余計なところに力が入っていなかったし、トレセンよりいい雰囲気で落ち着いていたのにはホッとした」と安堵の笑みが浮かんだ。

 待望のG1タイトルへ。次走は天皇賞・秋かエリザベス女王杯が有力だ。「馬場が渋っていた分、ダメージの確認が必要。馬の状態次第」と明言は避けたが、「これで次が楽しみになりました」とうなずいた。それに応えるように、主戦も「きょうは久々の分もあった。叩いて良くなる」ときっぱり。いよいよ悲願成就の時が現実味を帯びてきた。

最終更新:10/10(月) 7:20

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]