ここから本文です

“白砂青松”取り戻せ いわき市の新舞子海岸に植樹「TOYOPET GREEN FES」

福島民報 10/10(月) 10:18配信

 トヨタ自動車と福島トヨペットが地域団体と環境保全に取り組む「TOYOPET GREEN FES」は9日、福島県いわき市の新舞子海岸で初めて開かれた。東日本大震災前の海岸本来の機能と美しい景観を取り戻そうと、参加者がクロマツを植えた。
 いわき青年林業会議所とトヨタ自動車、福島トヨペットの主催、福島民報社の共催、フクシマ環境未来基地とNPO法人いわきの森に親しむ会の協力。市内外から約150人が参加した。
 開会式では福島トヨペットの佐藤修朗社長、磐城森林管理署の小林重善署長、いわき青年林業会議所の鈴木克夫会長があいさつした。
 参加者はくわを手に穴を掘り、クロマツの苗木を300本植えた。棚倉町から来た佐川歩夢ちゃん(5つ)は「早く大きくなって」と願いを込めながら一生懸命に土をかぶせていた。
 間伐材を利用した工作体験では、家族やグループで個性豊かなプランターを作り上げていた。

福島民報社

最終更新:10/10(月) 10:26

福島民報