ここから本文です

震災後初、町内で検閲式 浪江町消防団が分列行進を披露

福島民報 10/10(月) 10:27配信

 福島県の浪江町消防団の秋季検閲式は9日、町地域スポーツセンターで行われた。東日本大震災後、町内で検閲式を実施するのは初めて。
 団員約100人が参加した。馬場有町長らから閲団を受け、一糸乱れぬ分列行進を披露した。馬場町長が「復興に向け、町民の生命・財産を守る消防団の役割は大きい」と訓示した。佐々木保彦団長は「避難生活を送る町民に安全安心を届けるのが私たちの使命」と述べた。
 同消防団は町外に避難しながら定期的に町内の防火・防犯パトロールをしている。

福島民報社

最終更新:10/10(月) 10:30

福島民報