ここから本文です

「ゴールではなく出発点」COUNTRY YARD、現体制ラストを彩ったツアーファイナル

音楽ナタリー 10/10(月) 15:03配信

COUNTRY YARDが昨日10月9日に東京・TSUTAYA O-EASTにてワンマンライブ「COLORS TOUR FINAL “BROTHERHOOD ONEMAN”」を行った。

【この記事の関連画像をもっと見る】

このライブは彼らが最新シングル「COLORS」を携えて9月から実施していたツアーの最終公演。バンドにとって最大キャパシティでのワンマンライブであり、また脱退を発表していたTaihei Sakagami(Dr)にとってのラストライブでもあった。

ステージに4人が姿を現すとフロアから「たいちゃーん!」とSakagamiの名前を呼ぶ声が飛び交う。彼らはその声を受けながらハイタッチをし合って音を鳴らす。するとステージ後方には大きなバックドロップが。バックドロップが上がりきると、Keisaku “Sit” Matsu-ura(Vo, B)が「『COLORS TOUR FINAL』、COUNTRY YARD始めます!」と宣言し、バンドはいきなりキラーチューン「Seven Years Made My Now」を投下。オーディエンスはさっそくモッシュやクラウドサーフで暴れ回る。

バンドは序盤から「Far Flower」「Cross The Border」といった激しいナンバーを連投。ファンは拳を上げてシンガロングしたり、クラウドサーフでステージまでたどり着いてステージダイブを繰り返すなどヒートアップしていった。

4曲を終えるとMatsu-uraは盛り上がるフロアを見渡し「信じられない景色が目の前に広がっています」と喜びを口にする。さらに「ゴールではなく、出発点に戻ってきました」「すでにすごい夜になっていますが、最後までみんなで彩ってください」と続け、真っ赤な照明に染められたステージで「Colors」を丁寧にプレイした。

バンドの演奏はライブが進むにつれて熱を帯びていく。Sakagamiが一番好きな曲だという「Twilight Innocence」では、Matsu-uraがマイクの向きを変えSakagamiのほうを向いて歌唱。ミディアムチューン「Letter」ではそれまでの熱狂から一転、しっとりとしたサウンドが場内を満たした。

MCでコメントを求められたSakagamiは所属していた4年間を振り返り、仲間のバンドやファンに感謝を述べる。続けて「いちCOUNTRY YARDファンとして『COLORS』は名盤だと思うので、今日はそのツアーファイナルを楽しんでほしい」とファンへメッセージを送った。Matsu-uraの「素晴らしいステージにしてたいちゃんを送り出したい」との言葉に続いてプレイされた「In Your Room」ではHayato Mochizuki(Vo, G)が速弾きフレーズを織り交ぜてファンを魅了する。さらにMatsu-uraが「みんなも仲間を送り出す機会があったら大手を振ってサヨナラを! ……サヨナラは言いたくないけど」と告げてバンドは「If You Say Goodbye」を届けた。

さらに終盤、Yu-ki Miyamoto(G, Cho)がSakagamiの脱退を受けてバンドは解散を決めていたこと、この日が解散ライブになる予定だったことを告白。しかしながら音源をリリースしたりライブを回ったりする中でファンや仲間のバンドからの後押しを受け、バンドを続けることを決意したことを明かし「解散させないでくれたのは、みんなのおかげです」と笑顔を見せた。Matsu-uraも「このバンドを大きな木にしたい」「またO-EASTでライブをやりたいと思った」と新たな決意を語る。そして「自分たちに向けて歌いたい」と前置きし、4人は向かい合って息を合わせると「Don't Worry, We Can Recover」をドロップ。続けてMatsu-uraが「俺たちの、そしてみんなの歌!」と投げかけた本編ラストナンバーは「I'll Be With You」。客電の点灯した明るい場内でファンは盛大なシンガロングを響かせた。

アンコールでは「この景色やベー!」と感動した様子を見せたSakagamiにMochizukiが回し蹴りをお見舞いするという和やかな一幕も。Miyamotoは改めて「たいちゃんが入ってCOUNTRY YARDがポップになった。面白いバンドになったよね」と振り返る。そしてフロントの3人は「このライブの風景をフェスみたいな大きなところに持っていきたい。やりたいこと、これなんだもん。だから自分たちが大きくなって、ダイブしてもケガがないことを証明したい」と今後の展望を語った。

Miyamotoの提案から、ラストナンバー「Always Be Here」の歌い出しのパートをSakagamiがファンと共に歌唱する。そして感動的なムードの中、バンドは最後まで息の合ったパワフルな演奏を見せつけ「COLORS TOUR」および現体制ラストライブを締めくくった。

なおバンドは新ドラマーとしてMasayuki Yamazaki(Dr / fam、THE FIREWOOD PROJECT、LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS、The Yasuno N°5 Group、ex.HUSKING BEE)の加入を発表。12月4日に東京・CLUB HEAVY SICKにて、新体制での初ライブとなる自主企画「BROTHERHOOD vol.30」を行う。

COUNTRY YARD「COLORS TOUR FINAL “BROTHERHOOD ONEMAN”」
2016年10月9日 TSUTAYA O-EAST セットリスト
01. Seven Years Made My Now
02. Here I Am
03. Far Flower
04. Cross The Border
05. Colors
06. Long Way Around
07. Turn Up The Sun
08. Shadow Stance
09. Quark
10. Twilight Innocence
11. Elegia
12. Letter
13. In Your Room
14. If You Say Goodbye
15. Starry Night
16. I’m Alright,You’re Alright
17. Just Take A Run Over
18. Music, Once More
19. Don't Worry, We Can Recover
20. I'll Be With You
<アンコール>
21. Always Be Here

最終更新:10/10(月) 15:03

音楽ナタリー

なぜ今? 首相主導の働き方改革