ここから本文です

加藤元浩、ニュータイプで「大いなる実験」と表現する小説への思い明かす

コミックナタリー 10/10(月) 17:55配信

「Q.E.D.―証明終了―」シリーズなどで知られる加藤元浩のインタビュー記事が、発売中の月刊ニュータイプ11月号(KADOKAWA)に掲載されている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

初のミステリー小説「捕まえたもん勝ち! 七夕菊乃の捜査報告書」を上梓したばかりの加藤。主人公・菊乃のキャラクター設定について、「大いなる実験」と表現した小説への思いなどが語られた。

最終更新:10/10(月) 17:55

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]