ここから本文です

秋元康&AKB48が「Nコン」中学校の部課題曲を制作

音楽ナタリー 10/10(月) 18:56配信

秋元康が、2017年に開催される「第84回NHK全国学校音楽コンクール」中学校の部の課題曲の作詞を担当。また同曲をAKB48が歌唱することが明らかになった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これは本日10月10日に東京・NHKホールで開催された「第83回NHK全国学校音楽コンクール」中学校の部にて発表されたもの。課題曲のテーマは「夢」であることも決定している。

秋元は「歌というのはその瞬間をぱーっと広げてくれる思い出の目次です。みなさんが一所懸命歌ってくださるような、みなさんの記憶に残るような、その1ページになるような歌を作りたいと思います」と述べ、AKB48の総監督である横山由依は「来年度のテーマが『夢』、私たちAKB48グループのメンバーもいつも夢をもって毎日、活動をしているので、私たちなりに気持ちを込めて課題曲を歌いたいと思います」とコメントしている。

なお小学校の部の課題曲の作詞は作家の宮下奈都、高等学校の部の作詞はリリー・フランキーが担当する。いずれの課題曲も作曲者は未定。

秋元康 コメント
僕も中学校のころ合唱曲を歌った記憶があります。そのときに一緒に歌った仲間、同級生、指導してくださった先生、いろんなことを思い出します。歌というのはその瞬間をぱーっと広げてくれる思い出の目次です。みなさんが一所懸命歌ってくださるような、みなさんの記憶に残るような、その1ページになるような歌を作りたいと思います。それぞれの色が混ざり合って、みなさんだけにしか出せないような、そんな色のある歌を作りたいと思っております。お楽しみに。

横山由依(AKB48)コメント
みなさんこんにちは!AKB48の横山由依です。今回、Nコン課題曲を、私たちAKB48が担当することになりました。本当にうれしいです! 私も中学生のときに合唱をやっていて、その時に歌った曲は今でも同級生が集まったときに一緒に歌ったりするほどすごく印象に残っています。来年度のテーマが「夢」、私たちAKB48グループのメンバーもいつも夢をもって毎日、活動をしているので、私たちなりに気持ちを込めて課題曲を歌いたいと思います。

最終更新:10/10(月) 18:56

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]