ここから本文です

巨人先発・内海が二回途中でKO 勝ち越し許し降板

デイリースポーツ 10/10(月) 14:54配信

 「セCSファーストS・第3戦、巨人-DeNA」(10日、東京ドーム)

 巨人先発・内海が二回途中でKOされた。1回2/3を4安打3失点と、先発の役割を果たせなかった。

 内海は初回、1死から梶谷に死球、ロペスに左翼席への2ランで、いきなり2点を先制された。打線はその裏、阿部の2ランで同点としたが、内海は二回に入っても立ち直れなかった。1死から投手の石田に左前打、桑原に右翼線二塁打を浴びて二、三塁のピンチ。ここで死球を受けた梶谷と代わって途中出場していた関根に、中堅への犠飛を打たれて勝ち越し点を奪われた。

 なおも2死二塁でロペスを迎えたところで、高橋監督はベンチから出て交代を告げた。代わった大竹はロペスを三直に打ち取った。

最終更新:10/11(火) 2:53

デイリースポーツ