ここから本文です

【京都大賞典】キタサンブラックが1番人気に応えて完勝 武豊「ホッとしています」

デイリースポーツ 10/10(月) 16:09配信

「京都大賞典・G2」(10日、京都)

 単勝1・8倍の圧倒的1番人気に支持されたキタサンブラック(牡4歳、栗東・清水久詞厩舎)が好位から力強く抜け出し、重賞5勝目を飾った。

 道中は逃げるヤマカツライデンを見る形の2番手でリズムよく運ぶ。手応え十分に4コーナーをパスし、直線半ばで堂々と先頭へ。武豊のステッキワークに応えてラチ沿いを伸び、後続の追撃を首差でしのいでV発進を飾った。

 キャリア12戦目にして、初めて1番人気を背負った一戦。武豊騎手は「ホッとしています。この馬らしい勝ち方だと思いますね。他に行きそうな馬がいたので2番手で。ムキになることなく走ってくれたし、状態の良さを感じました」と笑顔で振り返る。「後ろから来れば来るだけ伸びそうな感じでした。完勝だと思います。今回は春の天皇賞馬として負けられないと思っていました」と力を込めた。

 4日に80歳を迎えた歌手の北島三郎オーナーに勝利を届け「誕生日プレゼントと約束していましたから。勝てて良かったです」と胸をなで下ろしていた。2着は6番人気のアドマイヤデウス、3着には2番人気のラブリーデイが入った。

最終更新:10/10(月) 16:33

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。