ここから本文です

【競輪】稲垣裕之が寛仁親王牌でG1初制覇 半周後に1着を知ってガッツポーズ

デイリースポーツ 10/10(月) 17:52配信

 「寛仁親王牌・G1」(10日、前橋)

 11Rで決勝戦が行われ、稲垣裕之(39)=京都・86期・SS=が最終3角から番手まくりで1着。G1初優勝を飾った。3角から内を突いた平原康多(埼玉)が2着に入り、稲垣を追走した村上義弘(京都)は平原に阻まれて3着だった。

 レースは残り2周の赤板で脇本雄太(福井)が一気にスパート。快調に先行して、最終2角まで別線は仕掛けることができない。4番手に入った古性優作(大阪)が踏み上げたが、稲垣が3角から番手まくりを敢行。空いた内を突いた平原が稲垣後位の村上を阻み、直線で伸びてきたが、わずかに稲垣に届かず。稲垣が先頭でゴールした。

 ゴール後の稲垣は自分が1着と気づかず、喜びを表さないまま半周ほど経過。「平原に行かれたと思ったので、手を挙げられませんでした。半信半疑でゴール後に周回していたら、ファンの方が教えてくれて、やっとガッツポーズができました」と明かした。

 初優勝には「感無量です。自分の力だけで獲れたと思っていないので、これからもファンの方に喜んでもらえるように走りたいです」と語った。

最終更新:10/10(月) 18:10

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]