ここから本文です

田名部生来 AKB第7代じゃんけん女王に 「どっきりです…ね?」

デイリースポーツ 10/10(月) 20:01配信

 「第7回AKB48グループじゃんけん大会」(10日・神戸ワールド記念ホール)

 AKB48の田名部生来(たなべ・みく)=(23)が、7代目のじゃんけん女王の座に就いた。田名部は決勝で湯本亜美(19)と対戦。勝利した瞬間、両手で顔を覆って号泣した。

【写真】ついに海外からも刺客が襲来 JKTシンカ登場

 決勝の直前「AKBに入って今年で10年目になるんですけど、大好きなメンバー特に古株、中堅メンバーの思いも背負って勝ちたいと思います。酒が飲みたい!」と意気込んだ田名部。決勝では力強くグーを繰り出し、チョキを出した湯本を破った。

 ひとしきり涙を流し、客席に向け土下座して感謝を示した田名部は、トロフィーを手に「あの…、どっきりです…ね?」と声を震わせながらコメント。酒好きキャラで、この日も泥酔男性のコスプレで登場しており、「全然自信がなくて、早く終わって、おいしいビール飲みたいななんて思ってたんですけど、もう今日のお酒は絶対おいしいです。やった!」と喜んだ。

 満員の会場から、愛称の「たなみん」コールを浴びると、「ありがとうございます!」とさらに号泣。これまでシングル選抜経験がない中でも、AKBを陰で支え続けた苦労人は「報われないことだらけで…。でも、本当にここまでちゃんとAKBやってきて良かったなと思います」と感無量の面持ちで言葉を紡いだ。

最終更新:10/11(火) 1:14

デイリースポーツ