ここから本文です

【F1】3位にも前向きなハミルトン

ISM 10/10(月) 14:43配信

 日本GPを3位で終えたルイス・ハミルトンは、ドライバーズチャンピオンシップでのニコ・ロズベルグとのポイント差が33に広がってしまったものの、結果には満足していると述べている。

 ハミルトンはロズベルグとともにフロントローに並んだもののスタートに失敗し、ターン1で8位までポジションを落とした。

 その後、3位まで挽回したハミルトンはマックス・フェルスタッペンと2位を争い、残り2周でオーバーテイクを仕掛けたものの、抜くことはできなかった。

 ハミルトンは「必死で取り戻し、ポイントを獲得したことには満足しているよ」

 「スタートでホイールスピンした。理由ははっきりわからないから、エンジニアの見解を聞かないといけない。ポジションを大幅に落とし、取り戻さなければならなかった」と語った。

 またハミルトンは、3シーズン連続でタイトルを獲得したメルセデスに賛辞を送っている。

 「(ブラックレーと)ブリックスワースのみんな、そしてメルセデスのみんな、おめでとう。みんなのサポートなしでは達成できなかったよ」(情報提供:GP Update)

最終更新:10/10(月) 14:43

ISM

なぜ今? 首相主導の働き方改革