ここから本文です

【MLB】控え捕手からヒーローに! J.ロバトン、「チームのため」形勢逆転弾

ISM 10/10(月) 15:41配信

 ワシントン・ナショナルズは現地9日、地元で行われたロサンゼルス・ドジャースとの地区シリーズ第2戦に5対2で勝利し、シリーズ1勝1敗の五分に戻した。

 ナショナルズは2点を追う4回、ホセ・ロバトン捕手が逆転の3ラン。本来は控え捕手で出番も少なかったロバトンは、正捕手ウィルソン・ラモスが9月末に故障離脱したことで先発機会をつかみ、この日の大仕事を成し遂げた。

 形勢逆転の一発を放ったロバトンは、「チームのために何かしなければという思いだった」とコメント。「別に、自分がウィリー(ラモス)のようにホームランを打ったり、打率3割をマークできると言っているわけではない。毎日全力を尽くすだけだ。誰が出場して、誰が欠場するとかは重要じゃない」と語った。

 ロバトンは、レギュラーシーズンでは打率.232、3本塁打、8打点。それだけにドジャースのジョシュ・レディック外野手も、「ロバトンへのひとつの失投が自分たちを苦しめる結果になるなんて、誰も本気で考えていなかった」と驚きを隠せず。それでも、「だがそれは実際に起こった。ポストシーズンでは誰もがヒーローになれるんだ」と気を引き締めていた。(STATS-AP)

最終更新:10/10(月) 15:41

ISM