ここから本文です

【AKBじゃんけん大会】ユニット選抜7人コメント 女王の田名部「変な女がセンター」

オリコン 10/10(月) 21:43配信

 ■AKB48グループ『ユニットシングル争奪じゃんけん大会』(10日、神戸ワールド記念ホール)
 7代目女王に輝いた田名部生来(23)を含む各ブロックを勝ち進んだ7人が決定した。ユニット選抜メンバーは、田名部のほか、湯本亜美(19)、込山榛香(18)、NMB48兼AKB48の渋谷凪咲(20)、福岡聖菜(16)、SKE48の竹内彩姫(16)、野澤玲奈(18)。イベント後、会見に臨んだメンバーがCDデビュー楽曲への期待を語った。

【写真】個性的&キュートなコスプレ満載!じゃんけん大会の模様

以下、メンバーコメント。

田名部生来
「私みたいな変な女がセンターで申し訳ないくらい、かわいらしいメンバーばかり。でも野澤玲奈ちゃんはちょっとパンチがきいた変な子なのでイイ感じに調和して素敵なユニットになるんじゃないかな」

湯本亜美
「この7人は個性豊かなメンバーが多いので、その7人の個性が表れた、聞いていて耳に残る素敵な曲になれば」

込山榛香
「このユニットは下克上。たなみんさんの10年間の努力が報われたと泣いていて、私は(高橋みなみの名言である)『努力は必ず報われる』が一番すきな言葉。神様も見てくれているんだと思うのでこの7人で頑張りたい」

渋谷凪咲「たなみんさんがセンターなので、サラリーマンの方も聴いていただける。ちょっと一杯、みたいな『ちょっと一杯音頭』みたいな? 楽しい曲にできたら。(NMBの地元開催ということで)耳が痛いくらいうれしい歓声をありがとうございました」

福岡聖菜
「16歳から上が23歳まで幅広い年齢がいるので、いろんな年齢層の人に愛される曲ができたら」

竹内彩姫
「どんな曲でもうれしいですが、前向きな曲だったらうれしい」

野澤玲奈
「特技がトライリンガルって言って、英語と日本語とインドネシア語の3つをしゃべることができるので、3つの言葉で歌詞ができたら…インターナショナルなユニットになれたら」

最終更新:10/17(月) 19:59

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]