ここから本文です

ポール・マッカートニー、ニール・ヤングと共演

BARKS 10/17(月) 17:37配信

ポール・マッカートニーが土曜日(10月8日)、アメリカで開かれた大物フェス<Desert Trip>2日目に出演、同じ日にプレイしたニール・ヤングと共演した。

ショウ半ば、ポールから「すごくいい友達」と紹介されステージに登場したヤングは、ザ・ビートルズの「A Day In The Life」「Why Don’t We Do It In The Road?」に、ジョン・レノン(プラスティック・オノ・バンド)の「Give Peace A Chance」をプレイしたそうだ。

また、結婚5周年を翌日に控え、「My Valentine」を奥さんに捧げたほか、「Maybe I’m Amazed」を先妻リンダのためにパフォーマンス。そして、前日出演したザ・ローリング・ストーンズがザ・ビートルズの曲をカヴァーしたことへのお返しになるのか、60年代初め彼らに提供した「I Wanna Be Your Man」をプレイしたという。

この夜のセットリストは以下のとおり。

A Hard Day's Night
Jet
Can't Buy Me Love
Letting Go
Day Tripper
Let Me Roll It
I've Got a Feeling
My Valentine
Nineteen Hundred and Eighty-Five
Maybe I'm Amazed
We Can Work It Out
In Spite of All the Danger
I've Just Seen a Face
Love Me Do
And I Love Her
Blackbird
Here Today
Queenie Eye
Lady Madonna
FourFiveSeconds
Eleanor Rigby
Being for the Benefit of Mr. Kite!
A Day in the Life / Give Peace a Chance (with ニール・ヤング)
Why Don't We Do It in the Road? (with ニール・ヤング)
Something
Ob-La-Di, Ob-La-Da
Band on the Run
Back in the U.S.S.R.
Let It Be
Live and Let Die
Hey Jude
アンコール
I Wanna Be Your Man
Helter Skelter
Golden Slumbers /Carry That Weight /The End

<Desert Trip>は今週末も開かれ、ポールは同じく土曜日(15日)にパフォーマンスする。

Ako Suzuki

最終更新:10/17(月) 17:37

BARKS