ここから本文です

先週の市況をダイジェストで振り返る(10月第1週)

マネーの達人 10/10(月) 5:00配信

■2016/10/3 月

ドイチェバンクへの制裁金が140億ドルから半分以下の54億ドルになりそうだと報じられ株価上昇。

その他、コメルツバンクの従業員カット、RBSの訴訟、クレディスイスの経費削減、ウェルズファーゴのCEOの辞任などに対して概ね楽観的な見通しが支配し、米国市場では銀行株がけん引して市場は上昇。安全資産の国債、金は価格低下。

■2016/10/4 火

米国ではISM製造業指数が大きく上昇し、Fedの利上げの可能性が上昇。ただし、金融株は上昇していたので調整となった。株式市場も債券市場も軟化。

英国では芽衣首相が来年のEU離脱を表明し、ポンド安。英国の超大手、グラクソスミスクライアン、ロイヤルダッチシェルなどは恩恵を被り上昇。ドイツは祝日で、EU市場は幾分上昇。

■2016/10/5 水

ECBが債券購入プログラムを減速させるという懸念から欧州では債券安、ユーロも安い。米国でも利上げ観測から銀行株が値上がりし、公益株、通信株が軟調。

ドイチェバンクは2.7%上昇し、英国ではBreixtの影響でポンド安になり中型株を中心に上昇。

■2016/10/6 木

ISM指数が堅調であった米国ではFedの利上げ観測が強まり2年の債券イールドは過去1か月で最高に。

欧州ではECBが債券購入のペースを減速させるとの見方から債券価格が下落。欧米市場とも公益株が軟化。米国では原油価格が上昇してエネルギー関連が上昇。

■2016/10/7 金

金曜日の労働統計の公表を前に、米ドルが上昇し国債が下落。原油は50ドルを超える水準にまで上昇。

欧州では収益の低下からEasyjetが大きく値を下げ、ブリティッシュエアウェイズの親会社IAGやライアンエアも値下がり。Unicreditやドイッチェバンクが値上がりした銀行株は堅調。(執筆者:杉山 明)

最終更新:10/10(月) 5:00

マネーの達人