ここから本文です

福岡都心部の連節バス、10月下旬から循環運行に バス停もふたつ追加

乗りものニュース 10/10(月) 7:00配信

現在の2ルートは10月10日にいったん終了

 西日本鉄道は2016年10月6日(木)、福岡市内における連節バスの試行運行ルートを10月25日(火)から変更すると発表しました。

【写真】好きなだけ押せる降車ボタン

 福岡市と共同で、「都心循環BRT」の形成に向けた取り組みを進めている西日本鉄道。同社によるとこの「都心循環BRT」とは、連節バスの導入、専用の走行空間やわかりやすい停留所の整備、鉄道や路線バスとの乗り継ぎ強化などにより、従来のバスより速く、時間通りに、多くの人を運ぶ交通システムとしています。「BRT」は「Bus Rapid Transit(バス高速輸送システム)」の略です。

 試行運行は2段階で、今年8月から始まった「ステップ1」は、天神~ウォーターフロント(WF)地区間(運賃190円)と、博多駅~WF地区間(同230円)の2ルートで連節バスが運行されていましたが、これは10月10日(月・祝)でいったん終了。車両点検や機器設置などを行ったうえで、10月25日(火)から「ステップ2」に移行します。

「ステップ2」は循環ルートに

 2016年10月25日(火)から始まる「ステップ2」は、WF地区~天神~博多駅~WF地区を循環するルート(内回り、外回り)になり、さらに「渡辺通一丁目 電気ビル共創館前」と「呉服町」の2か所へ新たに停車します。

 運賃はほかの路線バスと同額。たとえば天神~博多駅間は100円、天神~WF地区間は190円、博多駅~WF地区間は230円です。西鉄バスの定期券やフリー乗車券なども利用できます。

 運行台数は2台。便数は内回り、外回りとも1日6便ずつです。西日本鉄道はさまざまな検証を行いながら、BRTの形成に向けた取り組みを推進していくとしています。

乗りものニュース編集部

最終更新:10/10(月) 8:38

乗りものニュース

なぜ今? 首相主導の働き方改革