ここから本文です

錦織 世界ランク4位へ浮上、約1年1カ月ぶりの自己最高位タイ<男子テニス>

tennis365.net 10/10(月) 10:16配信

世界ランキング

男子テニスの10月10日付ATP世界ランキングが発表され、楽天ジャパン・オープン(東京/有明コロシアム、ハード、ATP500)2回戦で臀部の痛みにより途中棄権となった錦織圭(日本)は前回から135ポイント落とすも、R・ナダル(スペイン)が210ポイント落としたことにより、昨年の8月31日以来約1年1カ月ぶりとなる自己最高位タイの4位に浮上した。

【錦織「上海をキャンセル」】

錦織は、現在行われている上海マスターズ(中国/上海、ハード、ATP1000)を欠場。24日から行われるスイス・インドア(スイス/バーゼル、ハード、ATP500)出場を目指す。


10月10日付の男子ATP世界ランキングは以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■1位[ - ]…N・ジョコビッチ(セルビア)
13,540ポイント(14,040ポイント)

■2位[ - ]…A・マレー(英国)
9,845ポイント(9,345ポイント)

■3位[ - ]…S・ワウリンカ(スイス)
5,910ポイント(6,365ポイント)

■4位[ +1 ]…錦織圭
4,740ポイント(4,875ポイント)

■5位[ -1 ]…R・ナダル
4,730ポイント(4,940ポイント)

■6位[ - ]…M・ラオニチ(カナダ)
4,690ポイント(4,510ポイント)

■7位[ - ]…R・フェデラー(スイス)
3,730ポイント(3,730ポイント)

■8位[ - ]…G・モンフィス(フランス)
3,725ポイント(3,545ポイント)

■9位[ - ]…T・ベルディヒ(チェコ共和国)
3,470ポイント(3,470ポイント)

■10位[ - ]…D・ティエム(オーストリア)
3,295ポイント(3,295ポイント)

tennis365.net

最終更新:10/10(月) 10:16

tennis365.net