ここから本文です

長友所属インテル最大の弱点は“サイドバック“ 今冬にサイドバックの実力者2人を獲得か

theWORLD(ザ・ワールド) 10/10(月) 8:40配信

サイドバックはウィークポイントの1つ

ここまでインテルで苦しいシーズンを過ごしている日本代表DF長友佑都にとって、後半戦はさらに苦しいものとなるかもしれない。

伊『Calciomercato』によると、インテルはやはり今冬に最終ラインの補強を狙っている。中でもサイドバックは絶対に補強が必要なポジションの1つに挙げられており、新監督のフランク・デ・ブールは長友を含めダヴィデ・サントンやダニーロ・ダンブロージオもそれほど信頼していない。

狙いとなるのは、ユヴェントス退団後フリーの状態が続いているマルティン・カセレスだ。カセレスは最終ラインであればどこでもこなす万能型DFで、カセレスもインテル入団に向けてチームとのトレーニングに参加する考えだという。

さらに、インテルの狙いはカセレスだけではない。同メディアは以前から噂されているマンチェスター・ユナイテッドDFマッテオ・ダルミアンの獲得にも動くと伝えており、カセレスを獲得した場合でも動く可能性が高そうだ。ダルミアンもマンUで試合に出ていないことが不安視されているが、仮に加入すれば長友にとっては強力なライバルとなる。

サイドバックはインテルのウィークポイントの1つとされているが、長友に挽回のチャンスはあるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:10/10(月) 8:40

theWORLD(ザ・ワールド)