ここから本文です

お手上げ状態のルービックキューブ、アプリが解き方を指南してくれるよ

ギズモード・ジャパン 10/10(月) 12:10配信

どうしても揃えられなくて、ルービックキューブを分解したことありません?

個人的には何回かバラして、組み立て直して、色をそろえたことがあります…。でも、もう揃えられないからってルービックキューブをバラバラにしたり、色がぐちゃぐちゃになったまま放置しなくてもいい時代がやってきましたよ。

カーネギーメロン大学の学生クリス・バーカーさんが、コンピューターサイエンスの入門クラス用にルービックキューブの解き方を教えてくれるアプリ「Cubr」を開発しました。このアプリさえあれば、揃えるなんて到底ムリ!と思う状態のルービックキューブでも6面が完成するんです。

動画はこちら:https://youtu.be/QrLaajSDnTw

こちらはクリス・バーカーさんが自身のYouTubeチャンネルにアップロードした動画です。

コンセプトは至ってシンプル。ルービックキューブの6面それぞれをウェブカメラで撮影すると、アプリが解き方をステップ・バイ・ステップで教えてくれます。あとは、その手順通りに手元にあるルービックキューブをクルクル回していくだけ。

今のところ、オンラインバージョンの「Cubr」のカメラ機能が完璧じゃありません。トライしてみたけど、あれれ?となることもあるかもしれませんが、お試ししてみたい人はGitHubでダウンロードが可能です。

ちなみに、バーカーさんの説明によると、数学者デイビッド・シングマスター氏がルービックキューブを解くために考案した「スリー・レイヤー・ソリューション・メソッド」というアルゴリズムと、ウェブカメラで不確かな色をより確実に認識させるためのプログラミングを合わせて、このアプリを開発したそうです。

引き出しやクローゼットの奥にしまいこんである、色がごちゃまぜなルービックキューブがあるなら、Cubrでスッキリさせてみては?

source: Chris Barker

Rhett Jones - Gizmodo US[原文]

(junjun)

最終更新:10/10(月) 12:10

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。