ここから本文です

マレーがディミトロフを倒して初優勝 [北京/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 10/10(月) 10:54配信

 中国・北京で開催された「チャイナ・オープン」(ATP500/10月1~9日/賞金総額291万6550ドル/ハードコート)の男子シングルス決勝で、第1シードのアンディ・マレー(イギリス)がグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)を6-4 7-6(2)で下して初優勝を遂げた。非常に接戦となったこの試合は両者が離れ業を見せ、多くの見事なショットにあふれた好試合となった。

決勝はマレー対ディミトロフ、ラオニッチは足首の故障で棄権 [チャイナ・オープン]

 今季9度目の決勝を戦ったマレーは第1セット第1ゲームでディミトロフのサービスをブレークし、第2セット第5ゲームでもブレークに成功した。5-4からマレーのサービスとなったときにはこれで試合はマレーのものになるかと思われたが、ここからディミトロフがマレーのサービスをついにブレーク。次のゲームもキープして勝負をタイブレークに持ち込んだ。

 マレーはチャイナ・オープンに3度目の出場だった。初出場は2010年で準々決勝、2度目は2014年で準決勝、3度目の挑戦でさらに前進して優勝を果たした。今大会のマレーはプレーした全5試合でひとつもセットを落とさず、完全勝利を遂げている。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: BEIJING, CHINA - OCTOBER 09: Andy Murray of Great Britain holds the winners trophy after winning the Men's Singles final against Grigor Dimitrov of Bulgaria on day nine of the 2016 China Open at the China National Tennis Centre on October 9, 2016 in Beijing, China. (Photo by VCG/VCG via Getty Images)

最終更新:10/10(月) 10:54

THE TENNIS DAILY