ここから本文です

ルーニーはマンUを退団すべきではないのか 毎週プレイしていなければ代表にふさわしくないとの意見も

theWORLD(ザ・ワールド) 10/10(月) 10:50配信

ベンチ生活が続くのはまずいか

今季マンチェスター・ユナイテッドでスタメンから落ちるなど苦戦しているFWウェイン・ルーニーは、マンUを離れるべきなのか。ルーニーはマンUの象徴ともいえる選手で、こういった形での退団は誰も想像していないことだ。しかし英『The Sun』の記者チャーリー・ワイエット氏は、ルーニーについてマンU退団も考慮すべきだと語っている。

英『sky SPORTS』によると、同氏はルーニーがセントラルMFにポジションを下げるのであれば、常時そのポジションで出場できるクラブに向かうべきだとコメント。さもなければイングランド代表でもスタメンになるべきではないとの意見だ。

「そんなことは起こらないだろうが、私は来夏ルーニーが毎週セントラルMFでプレイするためマンUを離れることも考えるべきだと思う。マンUはルーニーを手放したくないだろう。ルーニーだって離れたくないはずだ。だが、イングランド代表でセントラルMFとしてプレイするのであれば、毎週プレイしていないといけない。そうじゃなければイングランドでも良いプレイはできないだろう。結果的にベンチになり、スタメンにはならないと思う」

ルーニーにとって現状は想像以上に厳しく、マンUの中盤にはポール・ポグバらタレントが揃っている。よほど状態を改善しない限りはポジションを奪い返すのは難しいだろう。ルーニーがベンチに座っている現状はイングランド代表にとってもよくないことだが、ルーニーは2018ワールドカップへ向けて何かアクションを起こすべきなのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:10/10(月) 10:50

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]