ここから本文です

ちばてつやさん登場 大アニメイベント・アニ玉祭、新作アニメ紹介も

埼玉新聞 10/10(月) 10:30配信

 アニメ・漫画の総合イベント「アニ玉祭」(埼玉県、埼玉新聞社など主催)が9日、さいたま市大宮区の大宮ソニックシティなどで行われ、大勢のアニメファンらが会場を訪れた。

■過去最大の93団体出展

 今回で4回目となるアニ玉祭には過去最大の93団体が出展。人気アニメ声優によるステージやコンサート、お気に入りのキャラクターに扮(ふん)する「コスプレ」のショー、新作アニメの紹介や、車体をキャラクターのイラストで塗装する「痛車(いたしゃ)」の展示などが人気を集めていた。

 今回は特別ゲストとして、「あしたのジョー」などの作品で知られる漫画家のちばてつやさん(77)が登場。ちばさんが1969年に原作を描き、このほど映像化された作品「風のように」の上映も行われた。

 ちばさんは漫画家として活躍してきたこれまでの60年を振り返り、「よくここまで続いてきたね」と感慨深げに語り、会場を訪れた多くのファンを見渡して「僕もつい最近まで少年だった」とした上で、「若い皆さんには一日一日を充実して生きてほしい」と語り掛けた。

 秩父市を舞台にしたアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」などのファンだという浦和区の家事手伝い、鈴木柚香子さん(21)は「ツイッターで開催を知り、好きなキャラクターにも会えた。展示も見られてうれしい」と笑顔を見せていた。

最終更新:10/10(月) 10:30

埼玉新聞