ここから本文です

どう見てもロケットな自転車が時速144kmの世界記録を叩き出す

ギズモード・ジャパン 10/10(月) 22:10配信

見た目からしてすっ飛びそう。

世の中にはツール・ド・フランスのようなかっこいい自転車競技の世界もあれば、外観をかなぐり捨ててスピードを追求する自転車競技もあるわけです。結果としてロケットだか卵だかよくわからん形となった「Aerovelo Eta」は、人力駆動の自転車として世界最高速の時速89.59マイル(時速約144km)を叩き出しました。

今回の記録は、米ネバダ州のBattle Mountainで開かれたWorld Human Powered Speed Challengeで打ち立てられました。自転車のライダーはTodd Reichertさん。彼はEtaを作成したAeroveloの創立者の一人でもあります。

このように背中をシートに預けるタイプの自転車はリカンベントと呼ばれ、平地での移動効率が高いのが特徴です。また、Etaは極薄タイヤや軽量フレームを装備し、車体を覆うシェルで空気抵抗を極限まで低減。これらの積み重ねにより、今回の偉大な記録がうまれたのです。

なお、Etaが最高速に達するために必要なペダリングのエネルギー量は、大まかにいって電球3つを照らすのと同じくらい。そう聞くと、私達にもこの自転車を乗りこなせるような気がしてきます…よね?

source: Aerovelo

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文]

(塚本直樹)

最終更新:10/10(月) 22:10

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。