ここから本文です

【MLB】メジャー1年目16勝の前田健太、大活躍の裏にあったトレーナーの存在

Full-Count 10/10(月) 20:37配信

地元紙が特集記事、開幕前は健康を不安視されながら先発陣で唯一怪我なし

 10日(日本時間11日)に行われるナショナルズとの地区シリーズ第3戦に先発するドジャース前田健太投手。1勝1敗で迎える第3戦は本拠地開催で、地区シリーズ勝ち抜けに王手を掛ける勝利が期待されている。今季ドジャース先発陣では唯一開幕からローテを守り抜いた右腕は、開幕前は健康が不安視されながらもシーズン後半に評価はうなぎ上り。チーム最多16勝を挙げた前田の活躍の陰には、個人トレーナーの存在があったことを地元紙「ロサンゼルス・タイムス」電子版が伝えている。

広島時代から光る安定感…前田健太のNPB・MLBでの年度別成績一覧

 昨オフにドジャースと契約する際、フィジカル検査で肩肘の健康が懸念される結果が出た前田は、開幕当初は先発ローテーションを1年守り抜けるか不安視されていた。だが、レギュラーシーズンを終えてみれば、怪我人続出だったドジャース先発ローテの中で、開幕から怪我と無縁だったのは前田だけ。「結果を残さないといけないと思った」と日本語で語ったという前田は、先発ローテを外さなかったばかりか、チーム最多16勝(11敗)、防御率3.48の活躍で、チームが4季連続地区制覇を果たす原動力となった。

 週に1度しか先発機会のないNPBから、5試合に1度はマウンドに上がるメジャーとでは、調整方法が大きく変わってくる。ドジャース首脳陣は、可能な限り前田の登板間隔を空けるように調整。記事によれば、同時に「前田は、日本の時と同じように、回復のためにマッサージを続けるため、個人トレーナーの雇用を強く主張」したそうだ。そこで前田に帯同したのが、渡邉誉トレーナーだったという。

登板間のトレーニングは「疲れをとることが最優先」「考え方はイチローに近い」?

 記事によれば、渡邉トレーナーは登板間隔の変化は「大きな違い」と指摘。「次の登板まで4日しかない時は、疲れを取ることが最優先されます」と話し、強度の高いトレーニングはほとんど行わなかったと明かしたそうだ。メジャーでは、先発投手もシーズン中にウェイトトレーニングを行うことが一般的。日本では比較新しい考え方だが、レンジャーズのダルビッシュ有投手はウェイトトレーニングの必要性を強く説いている。一方で、現役25シーズン目のマーリンズ、イチロー外野手は逆の立場。記事によれば、「渡邉トレーナーは,前田の考え方はダルビッシュよりもイチローに近いと言っている」そうで、負荷の少ないトレーニングを増やし、疲労回復に主眼を置いたトレーニングメニューで、怪我と無縁のシーズンを送ることに成功したという。

 レギュラーシーズンを終えた時「シーズンを通じてローテを外すことなく、16勝できた事実には満足している」と話したという前田だが、渡邉トレーナーは「彼(前田)が怪我なくシーズンを通じて過ごせたことが、私の誇れる点です」と語ったそうだ。

 地元ロサンゼルスのファンの期待を一心に背負い、本拠地で行われる地区シリーズ第3戦のマウンドに上がる前田。強力なサポートを受け、万全な体勢で勝利を狙う。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:10/10(月) 21:06

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。