ここから本文です

ハリケーン直撃のハイチ、南部でコレラ感染拡大

AFPBB News 10/10(月) 16:53配信

(c)AFPBB News

【10月10日 AFP】非常に強いハリケーン「マシュー(Matthew)」直撃から約1週間が経過したハイチで、コレラの感染が広がり始めている。これまでに300人以上の死者が出ているが、今後は二次災害の拡大が懸念される。

 ハリケーンが直撃した南部ポールサリュー(Port Salut)では9日、町の唯一の病院でコレラ患者の死亡が初めて確認された。

 この2日間で、病院に搬送され治療を受けている患者は他に9人おり、いずれも汚染した水からの感染が疑われている。同国南部では、別の地域でもコレラによる死亡が数件報告されている。

 ハイチでは、コレラの流行に特に神経をとがらせている。2010年に発生した大地震の後、国連(UN)の平和維持活動(PKO)部隊によって持ち込まれたコレラ菌によって、これまでに約1万人が死亡しているためだ。

 今回のハリケーンで発生した直接の死者数について、民間防衛関係者らは336人と発表しているが、他方で400人以上とする一部当局者の情報もある。

 ポールサリューの病院の院長は、AFPの取材に対し、コレラはこの町とその周辺地域にとっての「致命的な危機」へと急速に発展しつつあると語った。

 同院長によると、ハリケーン以降、主に負傷などで受診に訪れる患者は1日あたり約100人に上っており、コレラに対応するためのスタッフや薬剤、設備が不足しているという。9日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:10/10(月) 16:53

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]