ここから本文です

Crystal Kay「自分に自信がなかった」

Lmaga.jp 10/10(月) 12:00配信

若い女性を中心に『Boyfriend -partⅡ』で人気に火が付き、『恋におちたら』などヒットを連発して幅広い世代に支持されてきた歌手・Crystal Kay(クリスタル ケイ)。あれから約10年、先日リリースされたバラード『Lovin’ You』では、グッと大人っぽくなり、聴く人に寄り添うようなやさしい歌声を披露。ここ最近、活動していない空白の時間があったのだが、そのときに何か変化があったのだろうか。『EX SHOW 2016』にゲスト出演するため来阪した彼女に、その真相を聞いた。

「『Lovin' You』はウエディングソングにもぴったりなので、定番曲になればうれしい」と語るCrystal Kay

「あ、私めっちゃ日本人なんだなって実感した」(Crystal Kay)

1999年に13歳という若さでデビュー。当時から「世界で歌いたい」という夢があり、2013年に渡米し、2年間ニューヨークで音楽活動を行っていたという。「小さい頃からずっと洋楽を聴いて育ったこともあって、日本のシンガーだけど、世界でも歌を届けられるようにいつかなりたいなって思ってて。2012年にアルバム(10th『VIVID』)を出して、舞台(『DANCE EARTH ~生命の鼓動~』)にも出演して、そのあとに時間があったんで、このタイミングじゃないかってことで、一人でニューヨークに行きました」。

アメリカ人と韓国人を両親にもち、神奈川県横浜市で生まれ育った彼女。初めてのニューヨークでは一人暮らしをしながら、音楽活動を開始した。「毎日のようにスタジオに入って計60曲以上作ったり、店に飛び入りで入って歌ったりしました。アメリカの人はすごく直球。好きじゃなかったらそう言うし、お客さんの反応が素直でわかりやすい。歌が上手い人なんていくらでもいるから、チャンスを絶対にゲットするぞっていう気持ちでいかないと難しい世界だった。特にニューヨークはいろんな人種の人が集まってるから、自分をしっかり持ってないとすぐに流されちゃう」と、日本との違いを振り返る。

「そんななかで、いざという時に自己アピールがうまくできなかったり、ガツガツできなくて、あ、私めっちゃ日本人なんだなって実感して。ずっと日本生まれ日本育ちで、奥ゆかしいとか遠慮とかそうゆう感覚が身体に染みこんでた。アメリカではみんなできなくてもできるって言って、とりあえずやってみるみたいな。でも私はそれができなかった。悩んで、対人恐怖症のクラスとか受けました(笑)」。

「これからは、人のために歌うんだと思う」(Crystal Kay)

アメリカに行って初めて、自分に自信が無いことに気づいたという彼女。自信の無さには、自分が「ハーフ」だということも要因にあったという。「小さい頃、アメリカ人と韓国人のハーフってあんまりいなくて。どこか自分は違うんだって、ポジティブな考え方ができなくて。それが結構歌にも出てたんだと思う。なんかパッとしない感じがあるって、ずっと母にも言われてたんです。そんななか、ニューヨークでいろんな人と話してるときに、『君はアメリカ人と韓国人のハーフで、日本で育ったという3つのカルチャーを持ってて、日本語と英語で歌えてキャリアがあるのに、なんでそんなに自信がないの。もっと自分のこと誇りに思ったほうが良いよ』って言われて。そういう考え方をしたことがなかったんですけど、あ、そうだよな、もうちょっと自信を持った方が良いんだなって思えるようになったんです」。

自分に自信を持ち始め、刺激的なニューヨークでの生活も充実。なにかを形にしてから日本に帰りたいという思いから、ワンマンライブをすることに。ギタリストを紹介してもらったり、会場をセッティングしたりと、すべて彼女自身で手配。ライブ当日はソールドアウト、リクエストに応えて急遽2日間開催し、アメリカでの初めてのライブに手応えを感じたという。

「初めてアメリカのお客さんの前でライブをするっていうので、すっごい緊張しました。でも、とにかく聴いてもらいたい!っていう素直な気持ちで挑めたので、今までで一番良いライブだったんじゃないかなっていうくらい気持ち良かった。お客さんもほんと楽しんでくれて。それで『なんだ、やればできるじゃん』って思って、すごい自信がついたって感じでしたね。ああ、自分を強くする旅だったんだと思って。帰国してすぐテレビの生放送で歌ったんですけど、それを観た友達が『歌が違うよ、変わった』って言ってくれて、よっしゃ!って思って。自信がついて、声も一皮剥けたんだと思う。私がやってるJ-POPは私にしかできないんだなってそういう気持ちになりました」。

帰国後は気持ちも新たに、「Crystal Kay第2章」をスタート。そして今年9月14日、ドラマ『ノンママ白書』の主題歌となったシングル『Lovin’ You』をリリースした。「ドラマがアラフィフの女性が頑張ってるっていうテーマだったので、この曲は頑張る女性のための応援歌。私のアングルからだと見守るっていう感じで、今年30歳になったから歌えるのかなって思います。私がちょうど悩んでるときに、キャリアとか全然関係ない友だちもみんな同じ悩みを抱えてて。じゃあ私がそれを代弁して元気にしようと思ったのがきっかけで、今までは自分のために歌ってたけど、これからは人のために歌うんだと思いますね」。

最終更新:10/10(月) 12:00

Lmaga.jp