ここから本文です

バトン「予想以上に悪い結果で驚いた。何を言われても仕方ない…」:マクラーレン・ホンダ F1日本GP日曜

オートスポーツweb 10/10(月) 6:37配信

 2016年F1日本GP決勝で、マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンは18位だった。

2016年第17戦日本GP マクラーレン・ホンダ記念撮影

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
ジェンソン・バトン 決勝=18位
 スタートはよくなかった。新しい(パワーユニットの)コンポーネントを積んでいて、ひどいホイールスピンが起きた。スタートラインに取り残された感じになったよ。
 
 マノーを抜くのは本当に難しかった。彼らはオプションタイヤ(ソフト)でスタートし、僕はバックアップ(ハード)だったので、うまくオーバーテイクを決めるのが楽ではなかった。

 結局は抜くことができた。バックマーカーたちとのレースになったが、それでも楽しかったよ。ちょっとしたバトルがあった。でもポイント圏内からはとても遠かった。
 
 本当にきつい週末だった。鈴鹿が僕らにとって苦手なコースだというのは残念だ。第二のホームだというのに。それでも思いつめないようにしなければ。ここでは速さがなかったけれど、次のレースでは速さを発揮できることを願っている。

 最終ラップ、18位という表示を見て驚いた。そこまで悪いとは思わなかったんだ。恐ろしいよ。でも何度かオーバーテイクを楽しんだけどね。
  
 テレビで見ている専門家たちは今日の僕らについて相当ネガティブなことを言うのだろうけど、それも仕方ないね。あまり思い詰めないようにしなければならない。 

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/10(月) 6:38

オートスポーツweb