ここから本文です

リカルド「キミのペナルティで繰り上がりたくなんかなかった」:レッドブル F1日本GP日曜

オートスポーツweb 10/10(月) 1:11配信

 2016年F1日本GP決勝で、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは6位だった。

2016年第17戦日本GP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

■レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド 決勝=6位
 僕にとっては、あまりエキサイティングなレースではなかったし、残念ながら運も味方をしてくれなかった。キミ(・ライコネン)のグリッド降格ペナルティは、僕にはむしろ迷惑なことだったんだ。順位が変わって路面が濡れた側のグリッドに並ばされ、結果としてスタートでの出遅れにつながったからね。

 僕のスタートそのものは、それほど悪くなかったと思う。ただ、ご存知のようにルイス(・ハミルトン)の出足が鈍かったために、僕は路面の濡れたところを通って回避する必要に迫られ、その間にセルジオ(・ペレス)に抜かれてしまった。さらに、セブ(ベッテル)が1周目のシケインをうまく立ち上がって、ストレートで僕を抜いた後、立て続けにペレスもとらえた。

 そうして順位を下げたことで、僕の最初のスティントは決まってしまったとも言える。乱れた気流に入ると前のクルマについて行けなくなるので、接近した状態を保つのは難しかったし、一気に攻撃を仕掛けられるほどのストレートスピードもなかったんだ。

 そして、僕はトラフィックの中でも苦戦して、あまりうれしくない状況に陥った。終盤の最終スティントでは、ようやく前がクリアなところを走れて、いいラップタイムも記録できたけど、それまでの遅れを取り戻せるほどではなかったよ。
 
 でも、それほど落胆しなくてもいいと思う。今日の僕にこれ以上のことができたとは思わないし、この結果は状況がもたらしたもので、そういう展開のレースだったというだけだ。コース上のパフォーマンスという意味で良い週末をすごせるように、そしてバーベーキューをお腹いっぱい食べられるように、準備を整えた上でオースティンへ乗り込むよ。これから2、3日は食事制限をして、体重を減らしてからオースティンへ行くつもりだ。現地の食べ物を心置きなくエンジョイするためにね!
  
(グリッドについて聞かれ)今朝、キミがペナルティを受けると知り、それはうれしいと思った。でもグリッド右側を見た瞬間に「繰り上がりたくない」と思ったよ。右側の方が路面が濡れていたんだ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/10(月) 1:13

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。