ここから本文です

ロズベルグ「メルセデスの戴冠を盛大に祝おう。僕自身のお祝いはまだ控えめに」:F1日本GP日曜

オートスポーツweb 10/10(月) 3:04配信

 2016年F1日本GP決勝で、メルセデスのニコ・ロズベルグは優勝を獲得した。

■メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
ニコ・ロズベルグ 決勝=1位
 最高の週末だね! 金曜にライトがグリーンになった瞬間から、いい感触を抱いていた。プラクティスでいいリズムに乗り、強力な予選を走り、決勝でまずまずのスタートをして、レースをリードし、ペースをコントロールすることができた。サイクルの中でこのエンジンを使う最後のレースだったから、セーブしなければならなかった。でもギャップは常に安全に保たれていたよ。

2016年第17戦日本GP ルイス・ハミルトン(メルセデス)は3位に

 日本で勝つことを目標にし、それを達成できたから、本当に特別な気分だ。この伝説のレーストラックで勝てるなんて最高だよ。

 3度目のコンストラクターズ選手権を獲得し、日本、ブラックレー、ブリックスワースの同僚たち、ダイムラーの数十万人の従業員の皆さんに心からお祝いの言葉を贈りたい。実現に力を尽くしてくれたひとりひとりのスタッフ、すべてのパートナーに本当に感謝している。彼らは世界一だよ! 何年にもわたって信じられないような努力を重ねてきたのだから、この成果を受け取るにふさわしい。盛大にお祝いしようじゃないか!

 自分自身のお祝いもするかもしれないけど、それはささやかなものにとどめておく。シーズンはまだ終わっていない。あと数戦残っているから、エネルギーを保つ必要がある。
  
 最後に今週末来てくれた観客の皆さんにお礼を言いたい。ここのファンはいつも特別な雰囲気を作り出し、彼らが素晴らしいショーをもたらしている。「ありがとう!」

 最後の4戦に集中していく必要がある。次はアメリカでお会いしよう。楽しみにしているよ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/10(月) 3:05

オートスポーツweb

なぜ今? 首相主導の働き方改革