ここから本文です

エリクソン「1回ストップが成功。でも入賞の速さはなかった」:ザウバー F1日本GP日曜

オートスポーツweb 10/10(月) 3:59配信

 2016年F1日本GP決勝で、ザウバーのマーカス・エリクソンは15位、フェリペ・ナッセは19位だった。

F1最新フォトコーナー

■ザウバーF1チーム
マーカス・エリクソン 決勝=15位
 まずまずのレースだった。スタートは悪くなくて、ひとつ上がって17位になった。ミディアムタイヤでのファーストスティントもうまくいき、前のジョリオン(・パーマー)について行けた。
 
 全体的に見て、正しい戦略を選んだと思う。グリッドの18位より上の15位でフィニッシュできたからね。入賞争いをするには、もっとペースを向上させる必要がある。

フェリペ・ナッセ 決勝=19位
 今週末は苦しんできて、レース自体も期待外れだった。ハードタイヤで走ったファーストスティントは悪くなかった。でもターン11入口でブレーキングを遅らせすぎて、タイヤにフラットスポットを作ってしまった。そのため予定よりも早くピットインしなければならなかった。

 ピットストップで発進しようとしたら、クラッチがディスエンゲージする様子がなく、時間をロスした。前のグループとのギャップが広がり、ブルーフラッグにも妨げられ、本来のレースペースを発揮できなかった。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/10(月) 4:00

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています