ここから本文です

サインツ「遅いマクラーレンすら抜けずフラストレーションが溜まった」:トロロッソ F1日本GP日曜

オートスポーツweb 10/10(月) 4:36配信

 2016年F1日本GP決勝で、トロロッソのダニール・クビアトは13位、カルロス・サインツJr.は17位だった。

F1最新フォトコーナー

■スクーデリア・トロロッソ
ダニール・クビアト 決勝=13位
 今日は13位以上の順位は望めなかった。どう頑張っても、これ以上は無理だったと思うよ。予想外のことは何も起きず、セーフティカーも出なかったし、ライバルのリタイアもなかったから、そういった形で順位を上げることもできなかった。

 とても残念なことに、僕らのクルマはストレートスピードが絶望的に遅いんだ。対策として僕らにできることはないに等しく、ただ単純に遅すぎた。

 ポジティブな面を見るとすれば、レースごとにクルマのフィーリングは良くなっているし、チームワークも着実に改善されている。とにかく全力を尽くして、ベストな形でシーズンを終えられるように前進を続けたい。

カルロス・サインツJr. 決勝=17位
 僕にとっては、とても残念なレースだった。スタートは順調で、2台のウイリアムズをパスできたし、第1スティントはレースペースも良かったんだ。ところが、最初のピットストップを終えたところで、状況が一変した。2台のマクラーレンの後ろでコースに戻ることになり、こっちはトップスピードが低いのでどうしても彼らを抜けず、そこでレースは終わったも同然だったんだ……。まったく、どうにもならなかったよ! 僕自身がベストを尽くしたことは請け合えるけど、今日はこれ以上の順位でフィニッシュするのは不可能だった。

 ひどくフラストレーションの溜まる状況だが、僕らは決してあきらめない。この後に控えた、もう少しいいところを見せられそうなレースに向けて、準備を整えていくつもりだ。できることなら、日曜に雨が降ってくれたりすると助かるだろうね!

 トップスピードがよくないために戦略の幅がとても狭くなる。オーバーテイクできないからだ。今日はマクラーレン1台クリアすることすらできなかった。全体の中で2番目に遅いクルマなのに。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/10(月) 4:41

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。