ここから本文です

パーマー「入賞したマレーシアよりパフォーマンスは優れていた」:ルノー F1日本GP日曜

オートスポーツweb 10/10(月) 6:24配信

 2016年F1日本決勝で、ルノーのケビン・マグヌッセンは14位、ジョリオン・パーマーは12位だった。

F1最新フォトコーナー

■ルノー・スポール・フォーミュラ1チーム
ケビン・マグヌッセン 決勝=14位
 スタートで周囲のドライバーたちはソフトやミディアムタイヤだったけど、僕はハードタイヤを装着した。そうなると、難しいレースになることは分かっていた。

 過去2戦に入賞しただけに、今日のレースに100パーセント満足することはできない。でも今後のレースで再び入賞できるよう、努力していく。
 
 次はアメリカGPだ。クールなサーキットだから、楽しみだよ。

ジョリオン・パーマー 決勝=12位
 先週10位で今週12位。だけど今週は全員完走するなかでの12位だからね! 先週はいろいろと運に恵まれた部分があったけれど、今日の方がパフォーマンスは強力だったと思う。可能な限り、あらゆるライバルを倒していった。

 今日の仕事や戦略、ペース、パフォーマンスに満足している。すべてがうまくいったよ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/10(月) 6:27

オートスポーツweb