ここから本文です

カターレ選手とファンが交流 富山で感謝祭

北日本新聞 10/10(月) 20:13配信

 J3カターレ富山は10日、富山市の県総合運動公園屋内グラウンドでファン感謝祭を開催し、ゲームやサイン会を通してサポーター約450人と交流した。

 三浦泰年監督や選手ら34人が参加。大山俊輔選手会長が「J2昇格に向け、残り試合を全力で戦う。応援をお願いします」とあいさつした。

 選手たちはポジションごとに2チームに分かれ、借り物競走やムカデ競争などで対決した。パス対決では、馬渡隼暉(まわたり・じゅんき)選手が約30メートル離れた目標めがけて正確なキックを見せ、会場を沸かせた。好きな選手からサインをもらうふれあいタイムもあり、サポーターが選手を激励していた。

北日本新聞社

最終更新:10/10(月) 20:15

北日本新聞