ここから本文です

巨人、5年連続のファイナル進出ならず 大竹の好投、村田の気迫も実らず

ベースボールキング 10/10(月) 19:04配信

セCSファーストステージ第3戦
● 巨人 3 - 4 DeNA ○
<10月10日 東京ドーム>

 レギュラーシーズン2位の巨人がファーストステージで敗退。12日から始まるファイナルステージは、リーグ覇者・広島と3位・DeNAの対戦に決まった。

 巨人は0-2の1回裏、4番阿部が右翼席へ飛び込む2ランを放ち同点。3-2の6回は、前の打席で左ひざに死球を受けていた3番村田が左中間スタンドへのソロ弾を放ち、一発攻勢で試合を振り出しに戻した。

 投げては2番手の大竹寛が好投。先発の内海が2回途中3失点で降板したが、大竹が7回までの5回1/3を3安打無失点の好リリーフ。8回は山口、9回もこのシリーズ3連投となったマシソンが無失点でつないだ。

 巨人は9回裏、先頭の村田が激走での内野安打出塁を果たしたが、代走に送られた鈴木が痛恨のけん制。サヨナラの好機を潰すと、11回は2イニング目となった5番手・沢村が、6番倉本の打球を右足に受け降板(結果は投安)。そして代わった田原が一死二塁とされたあと、途中出場の嶺井に左越え適時打を浴びた。

 それでも11回裏、二死一、二塁と長打が出ればサヨナラの好機を作ったが、最後は4番阿部が右飛。巨人はリーグ優勝した2012年から4年連続でファイナルステージを戦ったが、リーグ3位で同2位のヤクルトに敗れた2011年以来となるファーストステージ敗退。同時に、2016年シーズンが幕を閉じた。

BASEBALL KING

最終更新:10/10(月) 19:09

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。