ここから本文です

[選手権予選]SH起用に応えたボランチ、八千代の2年生MF正田が貴重な追加点

ゲキサカ 10/10(月) 9:25配信

[10.9 全国高校選手権千葉県予選決勝T1回戦 八千代東高 0-2 八千代高]

 今年ボランチの主力として戦ってきたMFが前日練習から急遽右SHに。八千代高MF正田稜(2年)は「戸惑いがあった」という前半こそ思い通りのプレーができなかったが、ボールを失わないことを意識した後半に関しては違いをつくり出す一人となっていた。

 その後半、15分にはカウンターからMF稲葉翔和(2年)のラストパスで抜け出して貴重な追加点。「そこまで自分のプレーがあまり良くなくて何とか結果を出したいと思っていた」という思いを結実すると、その後も八千代東高の超攻撃的左SB向井響(3年)の背後を狙う形で決定機をつくり出し、積極的にシュートを打ち込んだ。

「自分の長所は中学からドリブルやってきて、ボランチでも相手を外したりそこでパスを出したりしていた」という正田はSHとしても得意のドリブルを発揮。チャンスメーカー役として機能すると同時に、自信を持っている体力面も活かして最後まで走り抜いた。

 豊島隆監督も「落ち着いている」と信頼を置くMF。周囲からのもっとできるという期待に応えて結果を残す。今後はボランチ起用になるか、SH起用になるか未定だが、「この日のために応援をしっかりしてくれる人がいる。責任持ってどこのサイドで出てもしっかりチームに貢献できるようにやっていきたい。去年1年生でベンチに入ったけれど出れなくて今年は絶対にやってやろうと思っていた。自分がチームを引っ張っていくくらいの気持ちを持ってやっていきたい」。来年の主軸候補はまず今年、チームとともに全国舞台に立つ。 

最終更新:10/10(月) 9:25

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合