ここから本文です

[東海]FW遠山拓民が4戦連続弾、静産大は首位キープ!東海学園大が3位浮上:第14節

ゲキサカ 10/10(月) 13:53配信

第55回東海学生サッカーリーグ戦1部

 第55回東海学生リーグ1部の第14節が8、9日に各地で行われた。静岡産業大は静岡大に3-1で勝利し、首位をキープ。2位の中京大は岐阜経済大を3-1で下した。

 静岡産業大は静岡大に3-1で勝利し、2連勝を飾った。前半7分にFW遠山拓民(2年=甲府U-18)の4戦連続弾で先制。しかし、後半11分にMF古川由(4年=名東高)に得点を許し、1-1に追いつかれた。

 それでも後半34分にFW藤池翼(2年=習志野高)の得点で二度目のリードを奪い、同42分には額賀優斗(2年=桐生一高)がダメ押しの3点目。勝利を果たし、首位を守った。

 勝ち点1差で首位を追う2位の中京大は岐阜経済大に3-1の勝利。前半13分にMF水野翔太(3年=東邦高)のゴールで先制。同32分にはFW岡田匠馬(3年=清水ユース)が追加点を挙げ、2-0で前半を折り返す。後半3分に1点を返されたが、同17分に3点目。3-1で勝ち点3を手に入れた。

 上位対決を制したのは4位の東海学園大だ。3位の常葉大学浜松キャンパスに4-2で勝利すると、順位の入れ替えに成功。勝ち点1で上回り、3位に浮上した。

 前半3分と5分にFW大野耀平(4年=帝京高)に連続ゴールを許し、2点を追う展開となった。それでも長崎の特別指定選手でもあるFW畑潤基(4年=東海学園高)がPKを決めて1点を返すと、チームは後半に3点を奪取。終わってみれば4-2の勝利で勝ち点3を上乗せた。

 9位の名古屋商科大は8位の名古屋経済大に1-0で勝利し、勝ち点9で並ぶと、得失点2差で上回って順位の入れ替わりに成功。愛知学院大と中部大は3-3のドローだった。

結果は以下のとおり

名古屋経済大 0-1 名古屋商科大
[商]服部雄斗(42分)

東海学園大 4-2 常葉大学浜松キャンパス
[東]畑潤基(14分)、本多琢人(51分)、松浦帝斗(69分)、濱田恭輔(84分)
[常]大野耀平2(3分、5分)

中京大 3-1 岐阜経済大
[中]水野翔太(13分)、岡田匠馬(32分)、應和祐希(62分)
[岐]井上博喜(48分)

愛知学院大 3-3 中部大
[愛]内山竣太2(46分、55分)、山下達哉(57分)
[中]齊藤優貴2(40分、68分)、柴田准希(76分)

静岡産業大 3-1 静岡大
[産]遠山拓民(7分)、藤池翼(79分)、額賀優斗(87分)
[静]古川由(56分)

■順位表
1.静岡産業大(33)+21
2.中京大(32)+15
3.東海学園大(29)+40
4.常葉大学浜松(28)+16
5.岐阜経済大(21)+2
6.静岡大(19)-3
7.愛知学院大(13)-7
8.名古屋商科大(9)-21
9.名古屋経済大(9)-23
10.中部大(5)-40

▽得点ランキング
1位:23点
畑潤基(東海学園大)
2位:13点
大野耀平(常葉大浜松)
3位:11点
知念慶(愛知学院大)
古川由(静岡大)
5位:10点
遠山拓民(静岡産業大)
6位:9点
谷口海斗(岐阜経済大)

最終更新:10/10(月) 13:53

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]