ここから本文です

メキシコ・ペソ、上げ幅縮小-米大統領候補のTV討論会終了後に

Bloomberg 10/10(月) 15:48配信

メキシコ・ペソは、米国の9日夜に開かれた同国大統領選の民主、共和両党候補による第2回テレビ討論会でドナルド・トランプ氏が女性について蔑視的な言葉で語る動画が公開されたことに関し質問されると、対ドルで一時2%高となった。米大統領選でのトランプ氏の勝敗見通しに関する市場関係者らの見方の指標と目される同通貨は、討論会が終了すると上げ幅を縮め、1.3%高となった。

この女性蔑視発言を受けて、共和党の一部重鎮らの間でトランプ氏支持を取り消す動きが広がっている。討論会終了直後に、CNNが電話を通じて行った世論調査では、57%がクリントン氏勝利と回答、トランプ氏と答えたのは34%にとどまった。

原題:Mexican Peso Pares Gain After Debate; Yuan Weakens to 2010 Low(抜粋)

Emma O'Brien, Adam Haigh

最終更新:10/10(月) 15:48

Bloomberg

なぜ今? 首相主導の働き方改革