ここから本文です

中国株:休場明け上昇、エネルギー株高い-人民元は下げる

Bloomberg 10/10(月) 17:10配信

10日の中国株式相場は上昇。大型連休で先週休場だった本土金融市場が取引を再開する中で、エネルギー株を中心に買われた。不動産株の指数は下落。上海など幾つかの都市が住宅価格上昇を抑えるために抑制策を講じたことが響いた。人民元は6月以来の大幅な下げ。

上海総合指数は前営業日比1.5%高の3048.14で終了。中海油田服務(601808 CH)は約3カ月ぶりの大きな上げとなり、中国石油化工(SINOPEC、600028 CH)は1カ月ぶりの高値。先週の香港市場で本土株から成るハンセン中国企業株(H株)指数が3.6%上昇し、ニューヨーク原油相場が3.3%上げたことが背景。

不動産開発会社の保利房地産集団(600048 CH)は3.5%安。人民元は上海市場で0.4%安。10日の香港株式市場は祝日のため休場。

ミラボー・アジアの香港在勤トレーディング担当ディレクター、アンドルー・クラーク氏は「H株が先週上昇したことで、本土株も追随している」と指摘。「政府が投機を必死に抑えようとしながら現時点では効果がない中で、不動産セクターが重しとなる可能性がある」と述べた。

原題:China Stocks Rise After Break as Energy Shares Gain; Yuan Falls(抜粋)

Kyoungwha Kim, Kana Nishizawa

最終更新:10/10(月) 17:10

Bloomberg