ここから本文です

ポンド下げ止まらず、フラッシュクラッシュの先週は4.2%安

Bloomberg 10/10(月) 17:35配信

週明け10日の外国為替市場で英ポンドは続落。前週末のフラッシュクラッシュの原因が明確にならないことや欧州連合(EU)離脱の条件をめぐる懸念が重しになっている。

先週は週ベースで4.2%安と、EU離脱を決めた国民投票の週(6月24日終了週)以来の大幅安だった。メイ英首相がEU離脱交渉を来年3月までに開始すると言明したところから下げが始まった。7日はアジア時間の取引で2分間に6.1%の急落を演じた後、1.4%安で終了した。

ロンドン時間10日午前8時41分現在は0.3%安の1ポンド=1.2394ドル。対ユーロは0.2%安の1ユーロ=90.20ペンス。

原題:Pound Fails to Shake Off Wounded Image After Week of Flash Crash(抜粋)

Charlotte Ryan

最終更新:10/10(月) 17:35

Bloomberg